クラウド会計の導入支援

クラウド会計とは

クラウド会計とはインターネットの接続環境下であればパソコン、スマートフォン等の端末を使って会計を行うことができる会計システムです。クラウド会計を使えば、経営者、経理担当者、税理士とのリアルタイムでのデータ共有も可能となり、迅速な経営判断が行えます。

クラウド会計の普及に伴い会計ソフトと他のデータとの連携により業務効率が格段に上がっています。

銀行口座・クレジットカードと会計帳簿との連携

一番の効率化を実感するのは銀行やクレジットカード明細の口座連携システムです。
一度設定を行えばあとは自動連携で帳簿にデータが流れ込み、AIによる推定仕訳が行われ、会計処理が完成するため今までの大幅な作業負担から解放されます。

紙の領収書の場合には、専用のスキャンを利用して会計帳簿に読み込みを行いAIが自動で勘定科目の処理が完了するといったことも可能です。ソフトに手入力することも可能です。※AIが行った仕訳処理の確認作業は必要です。

クラウド会計と口座連携を併用することで、経営者にとって大変な手間である会計帳簿の作成の負担が大幅に軽減できます。会計処理で時間を取られていた経営者の方も、本業に専念する時間を捻出できることとなりました。

クラウド会計の導入費用

肝心のコスト面については、導入費用・ランニングコストともに低コストで導入が可能です。特に個人事業主向けは毎月1,000円程度で導入ができるため、コストパフォーマンスは大変優れています。また、税理士とのデータ共有が容易になり、かつ、データ入力の手間が大幅に減少するため、クラウド会計ご導入のお客様には導入サポートの一環として顧問料をお値引きしております。

幣事務所はクラウド会計(MFクラウド、freee、弥生会計(弥生ドライブのデータ共有)、PCAクラウド等)にも対応しております。

お問い合わせ

顧問契約をご検討の方にはクラウド会計の導入に関しても無料でサポート致します。

クラウド会計に対応する税理士をお探しのお客様は是非お気軽に問い合わせフォームからご相談ください。